脱毛の疑問:ほくろも一緒になくなる?

エステサロンでの光脱毛は、肌にあるほくろを避けて行うことが一般的です。使用されているレーザーの光は黒色に反応して熱を発生させるという特徴を持っており、肌が黒くなっている部分にはより強く反応してしまいます。

そして、レーザーはほくろとその周辺にダメージを与えてしまうのですが、肝心の毛乳頭や毛母細胞にまでは熱が伝わらないため、あまり脱毛効果を期待することができません。

エステサロンで施術の前に自己処理が必要となる理由も同じであり、ムダ毛が伸びている状態だとレーザーが毛の根元までしか届かず、しっかりと脱毛できなくなってしまうためです。また、アザやシミがある場合も同じような状態となるため、エステサロンで脱毛を受けることはできません。

薄いほくろならレーザーを当てることで剥がれて無くなる場合などもあるのですが、色素が沈着している部分はマシンの光によって熱が発生してしまうため、火傷などの肌トラブルが起きてしまうことがあります。

また、ほくろを脱毛マシンのレーザーなどで刺激すると、ガン細胞に変わってしまうことなどもありますし、その部分のムダ毛などがどうしても気になる場合は医療機関で医師に相談してみると良いでしょう。

全身脱毛の施術を受けたいというような場合にはこれまで、ニードル脱毛と呼ばれるような「針」を用いた施術方法が一般的でした。ニードル脱毛は熟練した腕前を持つ人が施術すれば、短期間で目覚しい効果を実感することが出来るものです。

この方法は現在でもなくなったわけではありませんが、痛みによる患者への負担が大きいことや、施術を行うまでに熟練が必要なこと、全身脱毛のような広範囲の部位に施術するには施術者の負担が大きいことなどの問題があるため、主流ではなくなりました。では現在の主流は何かというと、「レーザー脱毛」や「光脱毛」と呼ばれるようなものです。

これらの全身脱毛はニードル脱毛のように人が一本一本を手作業で脱毛していくのではなく、機械が脱毛したい部位に光を照射することによって、毛の細胞を破壊、脱毛の効果を発揮させるというようなものです。痛みが全く無いというわけではありませんが、ニードル脱毛に比べるとはるかに痛みは少なく、一回あたりの施術をスピーディーに行うことが出来るようになっています。

また脱毛の作業に関する管理も機械で行えるようになりましたから、全国各地で一定レベル以上の脱毛を受けられるようにもなりました。現在ではさらに改良を重ねた「ダイオードレーザー」などのレーザー脱毛機器が開発されていますから、今後もこうした「光」エネルギーを活用した脱毛は主流であり続けることでしょう。