脱毛サロンで出来る脱毛箇所:ワキ

最近では大手の脱毛サロン各社が低価格のお試しキャンペーンを大々的に行っていることもあり、多くの女性が脱毛に関心を持っています。その中でもワキについては、特に薄着になるとちらっと見えたときにムダ毛が生えているのが気になってしまう個所でもあります。

ワキの処理については、一般的に毛が太いこともあり、毛抜き、シェーバー、クリームなどを使った自己処理を頻繁に行うことが多い箇所です。

ただこのような自己処理を頻繁に行っていると、肌が傷ついて黒ずみやすくなったり埋没毛の原因になったりなど、悩みも同時に出てきます。脱毛サロンの多くが取り入れているフラッシュ脱毛では、ムダ毛のメラニン色素を攻撃します。

光の熱エネルギーによってダメージを受けた毛根からは毛が生えにくくなるため、ムダ毛が徐々に薄くなっていくのです。自己処理ですと、ムダ毛だけでなく肌表面にも傷をつけてしまうため肌に優しくない側面がありました。

ところがサロンでの脱毛であれば、ムダ毛の毛根に直接作用するため周りの肌は傷つきにい傾向にあります。また、継続して施術を受けていくうちに徐々にムダ毛が生えにくくなっていくため自己処理の回数も減り、結果肌にも負担がかかりにくいのです。

脇脱毛の方法の一つである光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれており、現在、エステサロンで行われてる脇脱毛は全て光脱毛となっています。インテンスパルライトという、カメラのフラッシュライトのような光を連続で何回も当てる方法で、医療用のレーザーとは違い、インテンスパルライトは特異な波長を持ち、距離が離れる程拡散するという特性を持っています。

これを照射する事により毛包と呼ばれる部分全体に熱を与え、この熱が毛母細胞などがタンパク変性と呼ばれる現象を引き起こして死滅させます。光脱毛を行って1ヶ月程過ぎると毛の再生によりムダ毛が生えてきますが、以前の毛よりも細く弱いものになっており、この毛に再度照射を行い、毛母細胞が完全に死滅するまで繰り返す事により脱毛の効果を得る事ができます。

毛母細胞を完全に死滅させるまでには照射から毛の再生というサイクルを3回から5回繰り返せば完了するといわれています。ただ、エステサロンといった医療機関以外で行なわれる光脱毛は医師法に違反しない程度の光の量となるので充分な効果を得られない場合もあります。それでも痛みが殆ど無く、肌の表面の温度が上がらず負担も少ない上、費用も安いので脇脱毛の中ではおすすめの方法です。